誰も釣れていない時間帯をどう攻略するか

10月 25, 2020

2020年3月18日(水)
年5日の有給休暇義務化で残り1日残っていたので
消化がてらいつものツレと
九重フィッシングリゾートへ行ってきました。

もう書くことがないので記事として出しませんでしたが
3月8日(日)に志高湖へ行ってきたのですが
これもボウズでした。
というわけで今回もリハビリ釣行です(笑)

スポンサーリンク

タックル

メーカー 品名・型式 主な使用ルアー
ロッド シマノ トラウトライズ S60XUL ロールスイマー
ハイブースト
リール シマノ 19 ストラディック1000S
メーカー 品名・型式 主な使用ルアー
ロッド アブ・ガルシア マスビート エクストリーム プレッソ・アダム
リール アブ・ガルシア スーペリア

前回
フックが折れて
予備のフックやスプリットリングプライヤーを
持っていなかったので
今回はそこらへんも準備して向かいました。

誰も釣れていない時間帯

3時間で
これといったパターンも見つけられないまま
ダラダラとした展開でしたが
メタルバイブを中心
ツレと合わせて6匹の釣果となりました。
 
コロナで学校が休みの影響なんですかね?
平日ですが
初心者っぽい家族連れが何組かいて
人は多かったですね。
そうした中で九重では今まで経験したことのない
「誰も釣れていない時間」が一時間ほどありましたね。
自分が釣れていなくても
周りでは誰かが釣れていたりするんですが
このハイプレッシャーを克服するのが今後の課題ですね