2020年の初釣行は大分の志高湖へトラウトフィッシング。

2月 26, 2020

2020年1月13日(月/祝)
以前から興味のあった
大分の志高湖へトラウトフィッシングに行ってきました。
別府湾
別府インターで休憩もとりつつ
11時ごろに志高湖へ到着
志高湖看板 志高湖レストハウス
初めてということで
場内のルール説明などを受けてから4時間券を購入。
昨日の釣果があった場所などを教えてくれ、
200円払うと場内への車が乗り入れができるこということで
その手続きもしてから
いざ場内へ

タックル

メーカー 品名・型式 主な使用ルアー
ロッド シマノ トラウトライズ S60XUL ロールスイマー
ハイブースト
リール シマノ 19 ストラディック1000S
メーカー 品名・型式 主な使用ルアー
ロッド ダイワ メバリングX タップダンサー
メタルクロボール
リール ダイワ 月下美人


九重フィッシングリゾートと違って湖なので
ある程度の遠投も視野に入れ
手持ちのタックルで流用できそうなメバリングXを今回は持参。

エリアトラウトというよりは

最初に車で車道を通りながら湖全体を見て回り
少し深さがありそうな場所を選びながら
キャストを繰り返すもアタリさえもない状態。
ボート桟橋奥へ場所を移動してルアーローテーションを繰り返すも
ここでもアタリがなく13:30にノーフィッシュで撤収することに。

ルアーも
九重で使うような1.8~2.4g程度のものしか準備していなかったので
もう少し重めのものを準備して遠投しながら広範囲に探らないと
パターンを見つけられないような感じでした。
エリアトラウトというよりは
ダム湖のブラックバスを狙うような釣り方で
次回は挑戦してみたいと思いましたね。

別府名物を堪能

ちょっとおしゃれな別府冷麺のお店一休の泪
少し遅めの昼食をとってから
別府冷麺 一休の泪 別府温泉
温泉へ入って岐路へ。